まちにわ ひばりが丘 施設予約

水遊びの経験のないお子さんを対象にしています。
はじめての水遊びを楽しみましょう!

まちにわリビングvol.36~子育てママ編~を開催します。
手遊び、ふれあい遊び、絵本の読み聞かせやお天気がよければお外にお散歩に行ったりします。
まちにわリビングは通常月1回平日午前中に開催しています。
特別なことをするのではなく、赤ちゃんのいる毎日、子どもの成長を喜びあえる家族の“基本のき”を大切にしています。
また、子どものいる生活の中でのちょっとした悩みごとにもお応えしています。
おさんぽついでに気軽に顔を出して下さいね。10月のリビングは3日(水)です。
12:00~13:00までをランチタイムの時間として、お部屋を開放致しますので
よろしければ、お弁当を持ってお越しください。ママ同士のおしゃべりを楽しみましょう。
日頃のちょっとした悩み事も、まちにわ師に気軽に話していっしょに考えませんか。
お友達、ご近所の方お誘いあわせの上、ひばりテラス118に。

4月8日(日) まちにわリビング~ファミリー編(ママの部とパパの部)開催しました。

まちにわリビング~ファミリー編 (ママの部)

10時に遊カフェで受付開始。
今日はパパは子どもとまちにわで、ママは遊カフェで女子会です。
まちにわ師と4名の参加者でテーブルを囲みお茶を飲みながらまずは自己紹介。
名前、子供の年齢、子どもの性別、今、自分がしてみたいことを1分程度で話してもらいました。
今日特に印象的だったのが、「鉄板焼き」「お好み焼き」「焼き肉」を子どもなしで
ゆっくりとやりたい、という話で盛り上がったこと。
そうなんです、小さい子どもがいると家ではもちろんのこと、外食でも鉄板を使った料理は
当分難しいです。やれない、と思うとやりたいですね~。
そんなニーズに答えて、まちにわでぜひ実現できたら嬉しいな、と思いました。
今日の話のテーマは「自分で自分の心を整える」
子育てを始めると、自分の思い通りにならないことがたくさんあって、ストレスやイライラがたまりがちです。そんな日々を誰かに変えてもらうと思ってもなかなか難しいので、自分で自分の心を整えるためにどうするかを、みんなで考えました。
「お茶を飲む」「空を見上げる」「深呼吸する」「好きな音楽を聴く」「散歩する」「本を読む」
「甘いものを食べる」「友達としゃべる」等々・・・。
こんな小さな幸せでも、「今日も楽しかった」と思えると、翌日も楽しくできるエネルギーになるのではないかと思います。
無理をせず、自分の心を整えて、毎日楽しく機嫌よく過ごせることを願っています。

まちにわリビング~ファミリー編 (パパの部)

パパと子どもはまちにわに集合。パパ同士も知り合ってもうらうため
自己紹介からはじめました。名前、子どもの名前。そしてママ自慢。
普段なかなか口に出せないママのいいところを話してもらいました。
“いつも笑顔でいてくれる”“料理を頑張っている”等
きっともっといっぱい自慢したかったと思いますよ!
どのパパもちゃんとママのことを見ていて、感謝の気持ちをもっているんだなあと感じました♡

リビングはじめは絵本のよみきかせ。
おうまさんしてー!(三浦太郎 こぐま社)
おとうさんもういっかい(はたこうしろう アリス館)を読みました。

子どもの視点、親(パパ)の視点がよく合っていて、子どもといっしょにパパも成長していく感じがしてきます。
パパとやったらこんなにおもしろい!というダイナミックなあそびの展開は「やってみょうか!」とすぐ実行できるものばかり。パパとあそぶたのしさが倍増しますよ。
とはいっても年齢、月齢で注意しなければいけないあそび方があることもお話ししました。
例えば子どもをゆさぶるあそびは、ゆっくりと顔をあわせ、目をみて子どもだけを
動かすのではなく、パパもいっしょに動きます。
大判のタオル等にくるんでゆりかごも、両端をしっかりパパとママとで持ったら、タオルだけをゆさぶらず、いっしょに左右にゆれてくださいね。

ひざの上からの宙がえり(ぴんこしゃんこ)は首がすわってから。
身体の支え方、パパの手の使い方もお話ししました。(忘れてしまったら、聞きにきてくださいね)
もちろん怖がっている時はムリはしないで子どもがよろこんであそべる範囲で楽しんでくださいね。
身体の触れあう遊びや大きく身体を動かすあそびは乳幼児期とても大切です。
人のぬくもりを感じたり、パパといることの安心感を身体でおぼえていきます。

生活の中での悩みごとも皆で共有しました。歯みがきのこと、睡眠のこと、ママと同じように子どもとむきあっていることがわかります。ママといっぱい話してくださいね。
さいごはママにメッセージカードを書き、むかえに来てくれたママと交換しました。

まちにわリビングは通常月1回平日午前中に開催しています。特別なことをするのではなく、赤ちゃんのいる毎日、子どもの成長を喜びあえる家族の“基本のき”を大切にしています。
また、子どものいる生活の中でのちょっとした悩みごとにもお応えしています。おさんぽついでに気軽に顔を出して下さいね。
5月のリビングは9日(水)です。ご参加をお待ちしています。

まちにわリビングvol.32~子育てママ編~を開催します。
手遊び、ふれあい遊び、絵本の読み聞かせやお天気がよければお外にお散歩に行ったりします。
まちにわリビングは通常月1回平日午前中に開催しています。
特別なことをするのではなく、赤ちゃんのいる毎日、子どもの成長を喜びあえる家族の“基本のき”を大切にしています。
また、子どものいる生活の中でのちょっとした悩みごとにもお応えしています。
おさんぽついでに気軽に顔を出して下さいね。6月のリビングは6日(水)です。
12:00~13:00までをランチタイムの時間として、お部屋を開放致しますので
よろしければ、お弁当を持ってお越しください。ママ同士のおしゃべりを楽しみましょう。
日頃のちょっとした悩み事も、まちにわ師に気軽に話していっしょに考えませんか。
お友達、ご近所の方お誘いあわせの上、ひばりテラス118に。

今日のリビングは、18組36名と大勢の参加となり、急遽予定を変更してお散歩に出かけました。
あたたかい外気に触れ、歩けるお友だちは、ママと手をつないで、抱っこのお友だちはママの抱っこで、ゆっくりと散策。

緩やかな坂のある芝生では、歩けるお友だちは登ったり駆け下りたりを繰り返し、大人が思いもよらない植木の根元にできた小さなトンネルを次々くぐって楽しそう!
芝生にお座りして、無心に枯れ草を拾っては撒いてを繰り返す姿は、大人にとっては???でも子どもにとっては不思議がいっぱい!
南部地域センター前の公園につくと、滑り台を何度も滑ったり、走ったり、石を拾ったり、地面に絵をかいたり、ママと一緒にたっぷり遊びます。

抱っこのお友だちは、皆お家も月齢も近いことがわかり、ママ同志お友だちになって、木陰に広げたシートで一休み。赤ちゃんたちも降りてママのひざの上や、シートに腹這いで顔をあげたりして外気に触れ、気持ちよさそうです。



お散歩は目的地を目指して行くだけではなく同じ道を繰り返し歩くことで、その道々で草花を眺めて四季の変化を感じたり、決まった角で曲がると会える犬がいたり、声をかけてくれる人がいたりすることや、その場に応じた声掛けや、会話を楽しむことを繰り返し、少しずつ社会がひろがっていきます。



子どもが歩けるようになって、はじめて外遊びを経験した親子や、こんなに喜んであそんでくれるとは、思ってもみなかったという感想がありました。
外あそびは、室内遊びとはちがう刺激が心も体も開放的にします。大切なことではありますが、❝毎日出なければ!❞と気負うことはありません。ママの都合とその日の子どもの様子で判断して下さいね。

今日できなかったフォトフレームつくりは、来年度どこかで実施したいと思います。
4月は平日のリビングはお休みです。代わりに8日(日)にパパリビングを予定しています。
5月は9日(水)です。よろしくお願いいたします。