マタニティヨガ | まちにわ ひばりが丘

2/16 3/21

マタニティヨガ

ひばりテラス118にて、マタニティヨガを開催します。

まちにわ ひばりが丘では紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

 
妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんに負担をかけすぎないよう、椅子等の補助道具を用いながら呼吸や動き方に配慮して行います。
妊娠中にみられる症状 (腰痛や肩こり、むくみ等)の緩和、体重増加のコントロール、心身のリフレッシュ、お腹の中の赤ちゃんとのつながりを感じたり、安産のための心身のトレーニングにも効果的です。
 
<ご参加できる方>
安定期(妊娠16週〜)に入っており、医師より安静等の運動制限の指示が出ていない方。
※妊婦さんでなくとも、ヨガを初めてやられる方、ゆったりとした運動をしたい方もご参加できます。
 (男性のみのご参加は控えさせて頂きます。夫婦でのご参加は可能です。)
※クラス中は、お腹の張りや体調の変化に注意しながら進めていきます。
 

講師紹介
鈴木ゆきこ

看護師、保健師として大学病院の小児内科、重症心身障害児施設、保健所にて勤務する。元来生理不順や肌荒れなどの悩みを持っていたため健康について大変関心をもっており、心身の健やかさについて模索する中で、ヨガとアーユルヴェーダに出会う。中島正明氏、サントーシマ香氏、Beborn助産院院長たつのゆりこ氏に師事し、ヨガとアーユルヴェーダがいのちがもつ輝きを引き出すツールとなることを学ぶ。(現在も学び継続中)
第一子の妊娠出産を機に、ヨガとアーユルヴェーダが健やかな妊娠出産、そして子育てに通じていくことを実感する。
母と子が健やかでいることが、家族そして社会にも穏やかな輪となり広がることを願い、産前産後のヨガ講師、アーユルヴェーディックベビーマッサージ講師(2018年より開始)として活動をしている。
クラスでは、アーユルヴェーダと東洋医学の知恵や自らの子育ての経験を通じたお話などをお伝えし、子育ての相談にも応じている。
料理とお菓子作りが好きで、からだに優しく、からだが喜ぶ食材や調理などを研究しながら日々の生活にも活かしている。クラス後のお茶の時間にも時々登場。
(RYT200保持/産前産後ヨガ指導者/ヨガニードラセラピスト/アーユルヴェーダを活用した新生児期・乳幼児期のケア講座修了)
*HAHACO.という名前で活動をしています。活動の詳細についてはHP(https://www.hahaco.net/)をご覧ください。
 

イベント概要

マタニティヨガ

【日 時】    
2018年2月16日(金) 時間10:00〜11:15
2018年3月21日(水) 時間10:15〜11:30
 
【場 所】
ひばりテラス118 
(西東京市ひばりが丘3-4-47)
 
【参加費】
2,000円
  
【持ち物】
動きやすい服装、水分、フェイスタオル。
 
【問合せ、申込受付】
yuki-yuki-ko[at]hotmail.co.jp(鈴木)
([at]を@に改変しお送りください)
TEL:080−5476−7091