オープン2周年イベント「NIWA JAM 2017」イベントレポート【1日目】 | まちにわ ひばりが丘

オープン2周年イベント「NIWA JAM 2017」イベントレポート【1日目】

こんにちは。まちにわ ひばりが丘事務局です!

まちにわひばりが丘の活動拠点である「ひばりテラス118」がオープンして丸2年を迎えました。
皆さま、「ひばりテラス118」のご愛顧、ありがとうございます!

まちにわひばりが丘では、10月28.29日の2日間、ひばりテラス118オープン2周年記念イベント
「NIWA JAM(にわジャム)2017」を開催しました。

今年のにわジャムはけやき公園を使って、思い切り外で楽しもう!こんな事も、あんな事も、と企画会議ではわくわくする企画が続出。
「雨が降ったら・・」と一抹の不安は抱えていましたが。

10月末には珍しい台風の到来!まさか!でした。
雨天の場合は規模を縮小して開催するという方針にそって、朝9:00に運営スタッフ集合。曇り空の下、準備開始。テントやシートを張って雨にそなえました。マルシェの開店時刻になるとお客様がいらっしゃいました。

建物の中には所狭しとお店が並びます。こちらは駄菓子屋さん。


駄菓子屋さんでは「こども縁日も」!射的ゲームです。


大人に人気があったのは酒屋さんコーナー。美味しいお酒を挟んでお店の人とお客さんが盛り上がります。


ワインやお酒を思わず買ってしまいたくなる美味しそうなお料理の臭い。色とりどりのキッシュやソーセージ、フルーツのタルトも絶品でした♬

芝生の広場ではテントの中でグリーンのワークショップ。「ガジュマル」の植え替えを体験しました。自分で気に入った鉢を選ぶところからスタート。水、土、植物について学びながら、自分だけの記念植樹です。

屋内にも美しいボタニカルアートの品々。封筒、カードなどに見事に描かれた植物。こんなカードを添えてお花を贈ってみませんか?出店者の方の思いが伝わります。

昨年よりひばりが丘エリアとシェアタウンという姉妹都市のような活動をしている茨城県笠間市は日本一の栗の町。大きな焼栗にみんな笑顔!

茨城県立笠間陶芸大学校の先生の指導で笠間焼の創作に挑戦。こんなチャンスはめったにありません。ワークショップに参加された方はラッキーでした!
雨は小雨程度でしたが小寒く感じられ、暖かい食べ物が欲しくなりました。今年初お目見えのキッチンカーは大人気でした。

雨の中東久留米市長がにわジャムに登場。インスタグラム用のフォトフレームを使って写真撮影に応じてくれました。

今回はひばりが丘エリアの他の場所でも一緒に楽しんでいただこうと、たんぽぽ幼児教室やピピ通り商店街にご協力頂きました。
テラスで貰ったチラシで福引に参加することができました。ガラポンの福引は久しぶり、と商店街の方からうかがいました。普段の商店街とはちょっと違ったお店の様子。珍しいお店も出ていました。

明日はハロウィンのイベントも予定されています。キットパスで描いて頂いたドア。

そして今日だけのハロウィン用のメイク。


思い思いの楽しい時間を持つ人たちで、屋内は賑やかに。熱気で温まりました!


中でも人気はハンモック作りのワークショップ。小さいサイズのハンモックを編むワークショップには大人も子供も挑戦しました。また、ハンモックに包まれる感覚を実際に体感できて「想像と違った~」「こんなに心地よいとは・・」という声が聞かれました。


晴れていれば芝生の広場でみんなで見る予定だったアニメ映画「風のように」は会場をひばりが丘団地の南集会所に移して上映しました。映画のプロデューサー、監督と一緒に作品を観る、という特別な上映会。4才からシニアの方まで幅広い年代の方々にご参加頂きました。

盛り沢山な一日目の締めくくりはコンマコーヒーで開かれた「Bar,118ジャズナイト 」でした。ひばりが丘パルコ主催の「ひばり文化祭」に出演していた「MAMI&THE HOT STREET」がひばりテラスまで来てくれました。
ギター、ベース、ヴォーカルのトリオでスタンダードなジャズを演奏。ここにもいつもとちょっと違うオシャレな雰囲気が生まれていました。お客様も大満足。また、やってね!と嬉しい言葉を頂きました。

 

遊び疲れて・・ハンモックに包まれて眠りた~い!という一日でした。
2日目の様子はこちら

人気記事

新着記事

ひばりが丘の活動拠点

情報メディア

イベント

  • MACHINI-WA LIVING

    まちにわリビング
  • WELCOME PARTY

    ウェルカムパーティー
  • GREEN DRINKS

    グリーンドリンクス