ひばりが丘フィールズ1番街ウェルカムパーティー イベントレポート① | まちにわ ひばりが丘

ひばりが丘フィールズ1番街ウェルカムパーティー イベントレポート①

DSC_0148

2015年6月21日に、スカイタワー西東京にて、「ひばりが丘フィールズ1番街 ウェルカムパーティー」が開催されました。今回のウェルカムパーティーは、この春に完成したひばりが丘フィールズ1番街に入居されたみなさん対象のイベントです。

 

入居からはや2ヶ月。新しい街でのくらしも徐々に落ち着いてきた時期に、これから一緒に暮らしていく同じマンションのみなさんと交流し、この街でより楽しく、そして助け合いながら暮らしていくためのきっかけづくりのために企画されたものです。今回、大人子ども合わせて40 名の方が参加されました。

DSC_2158

まずは、まちにわ ひばりが丘事務局長の高村和明よりまちにわ ひばりが丘の組織や活動内容をご紹介。

 

「ひばりが丘の街に和を」というコンセプトを掲げる一般社団法人まちにわ ひばりが丘。
街に和を描く重要性として、「暮らしを楽しくする」「課題を解決できる」「マンション管理の質を高められる」の3つのポイントがあります。

 

近くに住んでいる人と趣味を共有できて、
さらに困った時に助け合えたら、
毎日がもっと楽しくなる。

 

「“しがらみ”と“こどく”のあいだのほどよいつながり」をみなさんとともに作っていきたい。まちにわ ひばりが丘は街の水先案内人であり、主役はこの街に住むみなさんです、という旨をお話しました。

DSC_2175

まちにわ ひばりが丘の活動紹介のあとは、いよいよアイスブレイクタイム。まだ少し緊張の面持ちだったみなさんに和んでいただくため、大人も子どもいっしょになって、誕生日順に並ぶアイスブレイクを行いました。

DSC_2186

きちんと順番通りに並べているかの答え合わせののち、一人づつ自己紹介も行います。お名前と部屋番号に続き、ひばりが丘フィールズ1番街に入居をきめた理由についてもお伺いしました。

 

・ご両親が近くに住んでいる

・自然豊かで環境がよい

・子育てしやすい

・たまたまマンションパビリオンに立ち寄った

 

などなど、みなさんそれぞれのエピソードを教えていただきました。中には入居を決めた理由についてもふと本音がこぼれる瞬間も多く、思わず出る笑い声がさらに場の空気をほぐします。

DSC_2190

場も温まったところで、今回のサブテーマでもある防災・減災についてもご紹介しました。

 

街に和を描く重要性の一つの「課題の解決」。その中で、全員に共通する課題が防災・減災です。「自助・共助・公助」という防災の3つのコンセプトについての紹介や避難生活時のマンション内での助け合いの大切さについてお話しさせていただきました。

DSC_0071DSC_0077

その後グループごとに、今日携帯しているもので防災グッツになるものを考えるワークも行いました。様々な用途に使えるビニール袋を取り上げたチームや、男性のシャツをつかった担架を作るというアイディアがでました。

 

圧巻は、携帯トイレをお持ちの方がいらっしゃったこと。外出時の子ども用も兼ねているということでしたが、携帯トイレをお持ちの住民の方にお会いしたのは初めてです。活発な意見交換の様子から、みなさんの防災意識の高さを垣間見える時間となりました。

DSC_0149

今回はキッズスペースも設置。子ども同士の中では、アイスブレイクの必要もなく、すぐに多世代交流が生まれます。スタッフといっしょに子どもと遊んでくれるお兄ちゃん。折り紙をおしえてくれるお姉ちゃん。そのおかげで、会の後半では子どもたちだけで遊ぶ時間も生まれました。お父さんお母さんもゆっくり交流できたようです。

DSC_0122

本日のイベントの最後には、感想の共有の時間も設けさせていただきました。「今回のイベントに参加し、同じマンションの方々と話すことで、これからのマンションでの暮らしの安心につながった」というお話もいただき、マンション内に”和”が生まれたのを感じました。今後もこの和をどんどん大きくしていきたいですね。

 

 

こうして、マンション内での暮らしの第一歩をスタートさせたひばりが丘フィールズ1番街のみなさん。ご協力いただいたアンケートでも、「継続的に住民同士で集まる機会があれば参加したい」というお声もいただきました。まちにわひばりが丘でも、街に和を描く水先案内人として、みなさんとともに街全体を盛り上げていきたいと思います。

 

また、今週末も2回目のウェルカムパーティーが開催されます。どんな”和”が生まれるのか、当日の様子はまた改めてレポートでお伝えいたします。

お楽しみに!