まちにわ ひばりが丘 施設予約

赤ちゃん連れで産後ヨガ

複数日開催

カテゴリー:講座・サークル情報健康

~産後ヨガについて~
妊娠から出産にかけて、骨盤周辺の筋肉や骨格は大きく変化します。
また産後には、ホルモンバランスの変化や慢性的な不眠などによる自律神経の乱れの他に、
夫婦関係の変化や家族の支援体制の違いなど…環境や対人関係も産後の肥立ちに影響を受けます。
 
産後ヨガクラスでは、肩こりや腰痛、尿漏れといった産後の不調トラブルの慢性化を防ぐために、
骨盤や背骨の解剖学的な正位置を意識しながら練習をしていきます。
そして、家でゆっくり休む時間を持てなくとも、少しでも心身の体力の回復ができるように、
心身の休息を促す練習もしていきます。
※赤ちゃんを連れて参加ができます。クラス中は、いつでも授乳、オムツ替え可。
 
〜ご参加できる方〜
・産後2ヶ月より約1年までの方が対象(それ以上の方は託児された上でご参加できます)
・医師より安静等の運動制限の指示が出ていない方。
※恥骨結合離開の症状がある方、仙腸関節痛、恥骨痛などの痛みがひどい方は参加をお控えください。


講師プロフィール

鈴木ゆきこ

看護師、保健師として大学病院の小児内科、重症心身障害児施設、保健所にて勤務する。元来生理不順や肌荒れなどの悩みを持っていたため健康について大変関心をもっており、心身の健やかさについて模索する中で、ヨガとアーユルヴェーダに出会う。中島正明氏、サントーシマ香氏、Beborn助産院院長たつのゆりこ氏に師事し、ヨガとアーユルヴェーダがいのちがもつ輝きを引き出すツールとなることを学ぶ。(現在も学び継続中) 第一子の妊娠出産を機に、ヨガとアーユルヴェーダが健やかな妊娠出産、そして子育てに通じていくことを実感する。 母と子が健やかでいることが、家族そして社会にも穏やかな輪となり広がることを願い、産前産後のヨガ講師、アーユルヴェーディックベビーマッサージ講師として活動をしている。クラスでは、アーユルヴェーダと東洋医学の知恵や自らの子育ての経験を通じたお話などをお伝えし、子育ての相談にも応じている。 料理とお菓子作りが好きで、からだに優しく、からだが喜ぶ食材や調理などを研究しながら日々の生活にも活かしている。クラス後のお茶の時間にも時々登場。 (RYT200保持/産前産後ヨガ指導者/ヨガニードラセラピスト/アーユルヴェーダを活用した新生児期・乳幼児期のケア講座修了) *HAHACO.という名前で活動をしています。活動の詳細についてはHP(https://www.hahaco.net/)をご覧ください。

【鈴木ゆきこ】関連講座・サークル

2018年8月27日 10:15 〜
赤ちゃん連れで産後ヨガ

まちにわ ひばりが丘では紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

開催日時

場所
ひばりテラス118
202-0001 東京都西東京市ひばりが丘3-4-47
参加費
2000円/回
持ち物
動きやすい服装(身体を締め付けすぎないゆったりとした服、裸足になれる格好)で来られるか、服をご持参ください。また、水分とフェイスタオル、赤ちゃんを寝かせるための布類をご持参ください。
問合せ/申込受付
yuki-yuki-ko[at]hotmail.co.jp(鈴木)
([at]を@に改変しお送りください)
TEL:080−5476−7091

開催日の前日18時までに以下の内容を明記の上、ご連絡ください。 
①氏名 ②ご参加希望の日にち ③産後の経過月数、悩んでいる症状等 

※キャンセルの場合:できるだけ前日の18時までにご連絡をください。
※多数の応募があった場合、先着順での受付とさせていただきます。
備考
※クラス開始15分前より、入室できます。
お着替え等準備に時間がかかる方は早めのご来室をお願いします。

【定員】
大人4名