まちにわ ひばりが丘 施設予約

Our Mission

ひばりが丘の「水先案内人」として 住民のみなさんと共にあゆんでいきます。

いまある魅力を活かしながら、この街をより魅力的な街にしていきたい—。 そんな想いを実現するべく誕生したのが、一般社団法人まちにわ ひばりが丘です。 その役割は「水先案内人」。 ひばりが丘の街に常駐しながらエリアマネジメントをおこなうという、従来にはない新しい取り組み。 毎日の挨拶や会話を大切にしながら、住民のみなさんといっしょにさまざまな活動のサポートをおこなっていきます。

  • 子どもからご年配の方まで、安心していきいきと 愛着を持って住み続けられる街にしていくこと。
  • 住民のコミュニティ形成と地域の活性化を推進し、 協働で地域の課題解決に取り組む街にしていくこと。
  • 「防災・防犯」「緑豊かな環境との共生」「歴史・文化」などについて学びながら、新たなライフスタイルを楽しめる街にしていくこと。

Our vision

なぜ街に和を描くことが大切なのか。 私たちは、その理由として次の3つを挙げています。

暮らしを楽しくする

  1. 家の近くで趣味を一緒にできる仲間がいたらいいなぁ
  2. 子供が小さくて、仲の良い友達にもなかなか会いに行けない・・・
小さなお子さんのいるご家庭や、ご年配の方の中には、遠くまで出かけるのは大変…と感じている方も多いはず。すぐに歩いていける距離に友人が増えると、何気ない日常に笑顔が飛び交います。

課題を解決できる

  1. 初めての子育て。こんなに孤独だとは思わなかった・・・
  2. 共働きだから、災害が起きたら子どもをどうやって守るのか不安・・・
悩んだとき身近に相談できる人がいて、また周囲からも見守る目があること。そんな人と人とのつながりがあることで、災害、犯罪、孤独な子育て、人の無縁化など多くの社会問題の解決につながります。

建物管理の質を高められる

  1. 順番でマンションの理事になったけど、どうも議論しづらい雰囲気だなぁ
  2. マンション管理組合の総会に出たけれど、知らない人ばかりで意見が言いづらいなぁ
建物管理の現場にて、議論がしづらいという声をよく聞きます。それは建物内に良好な人間関係が築けていないから。あるイベントで顔を合わせたり、日頃から挨拶を交わしたりする仲ならば、より建設的で活発な議論がしやすくなり、スムーズな合意形成につながります。

Messages

事務局からのメッセージ

代表理事 岩穴口 康次

まちにわひばりが丘の代表理事に就任した岩穴口 康次です。結婚後、このひばりが丘で生活を始め、「まちにわ ひばりが丘」のプロボノ「まちにわ師」、 2年前より事務局メンバーとして団体運営に関わってきました。 まちにわは住民を中心とした体制に移行しましたが、この5年間進めてきた「普段は楽しく、困った時に助け合える」というビジョンは継承し、これまで以上にまちにわの活動を見えるようにし、皆さんの声に耳を傾け、見直す部分は見直してまいります。また、日々変化する街の状況に気づき、対応できるように、まちにわの会員をはじめ地域のみなさんと、街区を超えた住民同士のつながり、街の魅力と価値づくりに向けた活動を行います。それをもとに子どもたちが安心して過ごせるセーフティネットをつくり、子どもたちにひばりが丘の街を託していきたいです。  そんな街を作るために「まちにわ ひばりが丘」の活動に、引き続き温かいご理解とご支援をお願いいたします。

理事 大熊 拓也

まちにわの活動を通じてたくさんの方々と出会い、友達づきあいをしていただいていること、楽しく暮らせていることに夫婦揃って日々感謝しています。 特に晴れた週末に我が家(フィールズけやき通り)のベランダからひばりテラス118を眺めるのが好きです。ランニングサークルのFさん達が集まっていたり、Sさんご夫婦が菜園仕事をしていたり、Pさんがいつものように子供3人と散歩していたり、団地自治会のYさん達がComma,coffeeで女子会を楽しみながら手を振ってくれたり、Mさんが子供たちを遊ばせながら、 PTAのママ友とおしゃべりしていたり、記念日がやたらに多いNさんが風葉花を訪れていたり…。いつも笑顔が見られるからでしょうか。 今でも充分に“いい街”ですが、まだまだ、もっともっと“いい街”にしたい!という皆さんの想いを集めて、叶えられるよう、自分なりにコツコツと、楽しみながらまちにわで挑戦していきたいと思います。

理事 辻 与四郎

今期より、まちにわひばりが丘の理事を仰せつかることになりました。 2013年からフィールズ一番街に住んでいますが、まちにわのことは全く知りませんでした。3期目に、一番街の管理組合の理事長につくことになり、まちにわの多くの活動を通して知人・友人が増え益々、ひばりが丘が好きになりました。都心にも近いのに自然がいっぱいで、なにより、あいさつが自然に出てくるこのひばりが丘がすごく気に入っています。そんな素敵なこの街が、子供たちにとってもずっと好きでいてほしい、大人になってもまた、帰って来たいと思える街であり続けたら、と思います。 まちにわやひばりテラス118はみなさんとの素敵な街づくりのきっかけになればと考えています。そしてその活動は、みなさんのアイデアに基づいています。一人でも多くのみなさんとこのひばりが丘の街づくりを考え進めていきたいと思います。少しでもそのお手伝いができればと思います。

事務局長 若尾 健太郎

 ひばりが丘団地エリアは、1才の頃から当地域周辺に住んでおり、私にとってとても身近な存在です。 現在は、まちにわ ひばりが丘の事務局業務以外に、コミュニティを育む農園の運営やアンテナショップの運営支援、全国のNPOの運営コンサルティングを行っています。地域の方々の暮らしをより良くするために、今までの経験を存分に活かしたいと思っています。地域の方々が、生きがいを持って、やりたいことを実現できる、そんなプラットフォームを作り、楽しみながらまちづくりに関われる組織・事業運営をしてまいりたいと思います。専門は農村開発・地域振興、ファンドレイジングという堅い内容ですが、趣味は、アウトドア、自然散策、農作業、飲み食べ歩きです!ひばりテラス118にお越しの際は、ぜひお声がけいただければ嬉しいです。